翻訳支援ツールのFELIXはOfficeの32ビット版でないと動かない

最近、パソコンを買い換えたので、システムの移行をしています。

前回書いたようにPasoramaはうまく動いてくれたのですが、私が日頃の仕事で使っているもう一つの大事なツールがなかなか移行できませんでした。

それは、翻訳支援(CAT:computer assisted translation)ツールのFELIXです。昔のアメリカのアニメ、Felix the Catとかけたネーミングなのでしょうね。私が子供の頃、FELIX(フィリックス)は10円ガムのキャラクターとしても有名でした。あ、調べたら、当時とパッケージは違いますが、今でもこのガム売っているんですね。

おっと、話がそれてしまいました。FELIXは初期のTradosと似た画面構成の翻訳メモリ型のツールで、操作方法も似ています。私の金融翻訳では、過去の訳文を再利用できることはほとんどないのですが、自分が過去に訳した用語や表現を確認するのに役立っています。最近のツールと比べると機能は少ないかもしれませんが、他の多くの主要CATツールと違って、Wordのフォーマットを崩さずに作業ができるところが気に入っています。

昔は有料ソフトで、私は3~4万出して購入したと記憶していますが、制作者の方が病気になって(これは個人の翻訳者が作ったツールだそうです!)アップデートをやめた後、無償化されています。

さて、このツールはWordやExcelのアドインとして動くのですが、新しいパソコンにセットアップしてもWord上でアドインとして認識されません。Wordのオプションからアドインを開いても、リストに出てきません。

FELIX以外のいろいろなアドイン型のツールの説明書にアドインが起動しない場合の対策がでているので、片っ端から試してみましたが、状況は変わりません。

しかしFELIXの過去の英語版サポートページ(現在はサポート打ち切り)を見ると、解決の手がかりが得られました。

Officeの64ビット版で使おうとしたら、FELIXが読み込めないという人がいたのです。

自分の環境を調べてみると、案の定、新しいパソコンは64ビット版、古いパソコンは32ビット版になっていました。64ビット版はデータ容量が極めて大きいドキュメントを扱うときに有利らしいのですが、それ以外のメリットはあまりないようです。自分はそれほど重いファイルを使うわけではないので32ビットに戻しても問題ないと判断し、いったん64ビット版をアンインストールし、改めて32ビット版をMicrosoftのサイトからダウンロードして、それをインストールしました(Office 365では64ビット←→32ビットの交換は無償でできました)。

ダウンロード後にWordを立ち上げると、あっさりFELIXが組み込まれていました。これで慣れ親しんだ翻訳環境を維持できそうです。

今はもうFELIXを使っている翻訳者はあまりいないかもしれませんが、同じ問題を抱えている人は試してみてください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

コメント

  1. 天翔る龍 より:

    はじめまして。貴重な(しかもごく最近の)ご投稿、ありがとうございます! 何を隠そう、Felixユーザーはここにもまだおりますよ(笑)。

    32ビット版MS OfficeでないとFelixは動作しないのではないか、とは私も前から推測していましたが、おかげではっきりしました。また、Microsoft 365 Personalは私も利用中ですが、32ビット版も用意されている(かつ64ビット版から無料で切り替えられる)とは知りませんでした。32ビット版OfficeでFelixが動作することは、こちらでも確認しました。

    Felixといえば、作者のWebサイトがいつの間にか閉鎖されてしまいましたね…。手元のインストーラーが貴重になりました。

    • ぴぴお より:

      天翔る龍様

      コメントありがとうございます。
      Felixユーザー、生き残っていたんですね(笑)
      作者のウェブサイトが閉鎖されたのは知りませんでした!数ヵ月前にアクセスした記憶があるので、閉鎖したのは最近ですね。
      私は新しいパソコンのインストーラーをすでに消去しており、あとは古いパソコンに残っているかどうか・・・
      有料版の頃に何万円か払ってFelixをインストールして以来、膨大な翻訳メモリを作ってきたので使えなくなったら結構ショックです。
      シンプルで軽くていいんですよね、FELIXは。

  2. 天翔る龍 より:

    ぴぴお さん、ご返事ありがとうございます。

    インストーラー、出てくるといいですね。膨大な翻訳メモリーが無駄になるのは、確かに忍びないでしょうし。もしどうしてもお困りなら、当コメント送信時にお知らせしたメアドあてにご相談ください。可能なら力になりたいと思います。ここでこれほどのやりとりが生じるとは思いませんでしたが、まあこれも何かの縁でしょう。FelixのWebサイト閉鎖は、意外に知られていないのかもしれませんね(だとすれば、やはり我々は「絶滅危惧種」なのかも…)。私が気づいたのは年始ごろでしたが、今ググってもそれらしい記事はなかなか見当たりませんし。

    代替策としては、メモリーもグロサリーもこう扱うことが考えられます。
    – お手元のFelixが生きているうちに、別形式(Excel形式やtmx形式など)で保存しておく。その形式に対応している別のCATツールで引き続き活用できる可能性を残せます。
    – 秀丸エディタでgrep検索する(.ftmも.fglossも実体はxmlベースのテキストファイルなので、秀丸のようなテキストエディターでも開けられます)。使い勝手が良いとは言えないでしょうけど。

    • ぴぴお より:

      天翔る龍様

      アドバイス、ありがとうございます。
      インストーラーが見つからなかったときは、相談させていただくかもしれません。
      その時はよろしくお願いします。

      Windowsも11に移行していくようですし、古いシステムはいずれ使えなくなっていく運命にありますね。アドバイスに従って、特に大事なメモリは、ファイル形式を変えてバックアップを取っておこうと思います。

  3. イクハラ イサオ より:

    ぴぴお様

     貴重な情報にやっとたどり着けました。ありがとうございます。
     私は10年ほど前に翻訳者になるためにメーカーを退職し、依頼工業翻訳を行っております。私も「Wordのフォーマットを崩さずに作業ができる」Felixを愛用しております。ところがFelixのWebサイトが閉鎖され、新しいPCにFelixをインストールできなくて困っております。仕方がないので、使い勝手の悪いTradosを使用する方向で検討しているのですが、Tradosは、翻訳会社から案件を受注する際にはあまり問題ないのですが、指定案件以外で翻訳支援ツールとして使用しようとすると非常に使い勝手が非常に悪いです。第一に「Wordのフォーマットを崩さずに作業ができる」ことができません。
     「パソコンを買い換えたので、システムの移行をしています」と書かれていますが、古いPCのFelixを新しいPCに移行できるのでしょうか。私はPCに詳しくないのでわかりません。ちなみに、FelixのWebサイトが閉鎖される前にサイトからインストーラーと思われるものはダウンロードしているのですが、これを使用してもインストールできません。より正確には、インストールできるのですが、32ビットのワードで機能しません。FelixのWebサイトが閉鎖されたことが原因と諦めておりました。新しいPCにFelixをインストールする何らかの方法をご教示いただければありがたく存じます。
     余談になりますが、対訳生成ソフトのAlignAssistは、非常に優れたソフトで、対訳ファイルが揃っていれば数万ワードの対訳もすぐにメモリ化できますので、こちらの方はガンガン使用しております。
     ご多忙中恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

    • ぴぴお より:

      イクハラ様

      コメントありがとうございます。今や数少ないと思われるFelixユーザーからのご連絡は嬉しいです!
      Felixはシンプルで使いやすくて、手放しがたいですよね。
      新しいPCにインストールできないとのこと、お困りだと思います。

      私の場合、まだFelixのサイトが閉鎖する前だったのですが、インストーラーを使ってインストールできました。

      試しに、先ほど、Felixの入っていないパソコンにインストールしてみたところ、ソフト自体はインストールできたので、サイトの閉鎖はおそらく関係ないと思います。
      (ただし、そのパソコンに入っているOfficeが64ビット版のため、アドインとしては認識されませんでした。)

      イクハラ様のワードは32ビット版ということなので、バージョンの問題でもないと思われます。
      もしかしたらワードの設定でFelixのアドインが無効になっているのかもしれません。
      私も詳しい設定はよく分からないのですが、「ワード アドイン 有効にする」あたりのキーワードで検索すると参考になるサイトが出てくると思います。
      下記はそれで見つけたサイトの一つです。
      https://faq.nec-lavie.jp/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=019179

      お役に立てないかもしれませんが、お試しください。

      • イクハラ イサオ より:

        ぴぴお様

        ご返信、ご教示ありがとうございます。

        試してみましたがアドインを有効にすることはできませんでした。
        Felixをインストールする際に、「Full installation」を選択すると「Main Files」のチェックボックスがグレーアウトしています。サイトの閉鎖前はグレーアウトしていなかったのでは…などと考えていますが、わかりません。Felixのインストール自体は、一見滞りなく行えます。古いパソコン1台にはインストールされているので、必要な場合はそれで仕事をしますが、いつ不具合が生じるか不安です。
        また何かわかりましたらご教示いただけますと幸いです。

        よろしくお願い申し上げます。

        • ぴぴお より:

          イクハラ様

          ご連絡ありがとうございます。
          そうでしたか。お役に立てず残念です。
          インストールの際にネットに接続して新たにプログラムを読み込むタイプのインストーラーではなさそうなので、サイト閉鎖は関係ないかと思ったのですが、関係あるのかもしれないですね。
          今は他に対策は思いつかないのですが、何か思いついたら直接メールします。

          ぴぴお

タイトルとURLをコピーしました