オンライン英会話はちょっと、という人にお勧めのアウトプット練習ツール

英語の能力を上げたいが、スピーキングやライティング、すなわちアウトプットの機会が少なくて悩んでいる、という人はいませんか。

リーディングやリスニング、つまりインプットのトレーニングに使えるツールは今では無限にあります。リーディングについては、昔ながらのペーパーバックはもちろん、電子書籍でも英語の本が簡単に手に入ります。英語の雑誌や新聞も購読できます。リスニングについても、ポッドキャストなどで自分のレベルに応じて多種多様な素材を見つけることができます。

しかしアウトプットは、インプットに比べて機会を確保するのが困難だと言えます。スピーキングは相手が必要ですし、ライティングは自分の書いた物の善し悪しをしかるべき人に判断してもらわないと上達しにくいという問題があります。

この問題を解消する方法としてベストなのは、ネイティブ・スピーカーからコーチを受けることでしょう。具体的には英語学校に通うことが思いつきます。コロナ時代の今はオンライン・レッスンが主流になり、学校に通うといった物理的な障壁も格段に低くなりました。

しかしオンラインとはいえ、ネイティブ・スピーカーのレッスンを受けることに少し抵抗を感じるシャイな方も多いでしょう。また、レッスンを受けているところを家族に見られるのが恥ずかしいという方もいるかもしれません。私もコミュ障なので、そういうタイプの人間です。

最近は発話の練習ができるスマホアプリがたくさん開発されているので、そうしたアプリを利用するのが次善の策だと考えられますが、アウトプットしたものに対するフィードバックが弱いのがアプリの難点でした。

ところが、そのアプリの問題を補い、オンライン・レッスンとアプリのいいとこ取りをしたような仕組みもあるのです。

私が知ったのは、HiNative Trekというサービスです。

このサービスの流れを説明しましょう。

1.まずスマホにアプリをインストールします。パソコンのブラウザを使ってもOKです(ただし音声対応はChromeのみ)。

2. 平日に毎日、課題が送られてきます。以下は実際の課題の例です。

例えばこんな感じです。

3. 回答を文字と音声で送ります。

回答欄です。

4. すぐに模範解答が送られてきます。音声もあります。

5. 課題が来た当日の13:00までに回答を送れば、その日の18:00までにネイティブの先生(ビジネス経験のあるアメリカ人)から回答と添削が送られてきます(基本的に13:00以降は翌営業日。営業日は土日祝日を除く平日)。以下の画面を見ると分かるように、かなり詳細な解説が送られてきます。

解説は一画面に収まらない分量です(本当はこの画面の下にまだ続きがあります)

以上が大まかな流れになります。使い方を説明した動画もあったので、こちらもご参照ください。

 

これを毎日コツコツ続けていくことになります。その日にできなかった分は、翌日以降、あるいは週末にまとめて提出しても大丈夫です。ただし、添削は1日3日分までとなるようです。質問があれば、課題1問につき3回まで講師とやりとりができます。また、音声を含め、自分の回答も講師の添削もデータとして残るので、復習が簡単にできます。

このシステムはアウトプットの質を高めるのに非常に効果的だと思います。1回ごとの分量は少ないので、アウトプットの量を増やすという意味ではやや物足りないかもしれませんが、気軽に取り組めるので、毎日継続するのにはむしろ好都合です。しかもフィードバックが適切なので、自分の弱点を矯正しながら表現の精度を上げることができるでしょう。

コースはビジネスコースとITコースがあり、ビジネスコースの教材の監修は、フェイスブック社長のザッカーバーグ氏やアル・ゴア元米副大統領の同時通訳などで有名な関谷英里子さんだそうです。なお、上に挙げた課題の画面はビジネスコースです。ITコースの方が難易度が高いそうです。

気になる料金ですが、現在(2021年1月)は以下のようになっています。

1日にすると500~600円くらいですね。平均的なオンライン英会話よりやや高めかもしれませんが、オンライン英会話で感じる気恥ずかしさを取り払った環境で、質の高いネイティブ講師の添削を受けつつ毎日確実に英語をアウトプットすることが可能になります。これを習慣化できれば、アウトプットの質は上がっていくと思います。そう考えると、1日にコンビニ弁当1食分を大きく上回る価値があるのではないでしょうか。

HiNative Trekはアウトプットの質を高めたい人や、オンラインまたはリアルの英会話スクールに抵抗を感じる人におすすめです。詳しくは下のバナーより公式サイトをご覧ください。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました